川猫めぐみの閑猫工房へようこそ! 本業は漫画家ですが、2004年から「猫つくり屋」を開始2011年から猫又楽団猫ウォーカルでにゃあにゃあ叫んで歌ってます。川猫の近況や、猫手つくりなお仕事をリアルタイムで紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水は満々雲は悠々…皆様本当にありがとうございました。
2010年11月01日 (月) | 編集 |
水は満々・・雲は悠々


・・・またまたしばしの間が空いてしまいましたが…
川猫母無事復活でほっとする間もなく、猫旦那母が危篤の一報。
最終の新幹線で名古屋へ帰省。

2008お盆勝川 057

市民病院での点滴で小康を取り戻したお母ちゃんに逢えて
「お母ちゃん来たよ」と手をさすると、言葉は出ないけれど
「ああ、ああ」と頷いて、こちらの手を長いこと
ぎゅっと握りしめて離さないでいてくれました
。。。その力が案外強かったので、
「大丈夫だね!!」と皆で安心して
家で楽に介護出来るようリクライニングのベッドを買って帰った翌朝、
新しいベッドの上で眠る様に穏やかに天寿をまっとうして逝きました。
身体にはどこにも悪い所はなく、享年九十歳の静かな旅立ちでした。



散髪の思い出



今年の夏は忙しくてお盆に帰れなかったので
最後に散髪をしてあげられなかったのが
へまねこふうふうの心残りでしたが・・・

散髪の思い出


「おりしも今年は先に行ったお親父の十三回忌・・・
永い人生を頑張って来たお袋を迎えに来たんだろうと思います。
本人は九十年を思う存分生きて満足して往ったと思いますので、
どうぞ皆様も明るく見送ってやって下さい。」
said猫旦那喪主の挨拶。

しまねこうちわでくつろぐお母ちゃん



「禅通庵鈴山妙響大姉」


お母ちゃんの現世での名前は「鈴枝」といったので、
澄んだ妙なる鈴の音が山に鳴り響き
私達のもとにも届いて来るという意味の美しい戒名を頂きました。

しまねこを貰いに来る日のお母ちゃんと猫旦那006

今より30歳若い=しまねこを貰いに来る日のお母ちゃんと猫旦那

「ウチは男の子ばかりだろう…あんたが初めてのウチの娘だで」と、
しまねこを心から可愛いがってくれたお母ちゃん。
お母ちゃんの娘になれて今年でちょうど30年がたちました。
お母ちゃん永い間本当にありがとう!お疲れ様でした。
優しい鈴の音で私達のこれからを空から見守ってて下さいね。


水は満々・・雲は悠々


「水は満々雲は悠々…」
法要をしてくだれた和尚様が
お経の中で詠んでくれた言葉です。
お母ちゃんの空への出立をゆったりと
寿いでくれているようでした。

晴れ姿005


お茶とお花の先生をしていたお母ちゃんの
在りし日の初釜の晴れ姿を天寿の門出の一葉に。。。
たむけのお花いっぱい抱えて旅立ったお母ちゃん
天国でたくさんお花生けて楽しんでね!!!


たむけのお花


・・猫旦那母への告別に優しいお心遣いを下さった皆皆様
本当にありがとうございました。
おかげさまで10月26日の通夜、27日の告別式を
無事執り行うことが出来ました。

親子3ショット

平岩鈴枝・孝・めぐみ親子から
皆様へ感謝をこめてご報告でした。

2010年10月31日 初七日

ブログランキングに参加していますぽちっと一票よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2 Blog Ranking


こちらもよろしくお願いいたします





拍手をしてくださるとよろこびます拍手コメントも大歓迎

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
あたたかな歴史を感じる、素敵なアルバム日記♪
拝見して心が温かくなりました。
鈴の音がいつまでも、澄んだ音で響きますように。
2010/11/02(火) 08:59:52 | URL | hiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。