川猫めぐみの閑猫工房へようこそ! 本業は漫画家ですが、2004年から「猫つくり屋」を開始2011年から猫又楽団猫ウォーカルでにゃあにゃあ叫んで歌ってます。川猫の近況や、猫手つくりなお仕事をリアルタイムで紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・・・紫陽花忌
2010年06月22日 (火) | 編集 |
紫陽花の七色に深まる六月の空・・・

玉川台公園 002

父の逝った年齢と同じ年で亡くなった
高校時代の同級生の・・今日はお通夜です

玉川台公園 005

しまねこは早生まれなので・・父の享年58歳になるのは来春だけれども
逝ってしまうには早すぎる・・同じ年の友達の訃報を聞くのは
まだまだ先のことだと・・みんな思っていました。

玉川台公園 017


まだまだやりたいことがたくさんあったと思う
手描き友禅の作家だったそうだから
作品作りの展望もきっといろいろあっただろう

玉川台公園 014

クラスメートの間を、メールや電話が飛び交った一昨日は
みんなほんとにショックだった・・・・
「なんで?」「一番長持ちしそうだったのにね」としばし呆然

玉川台公園 009

斎場が遠いこともあり・・急なことで仕事や予定を空けられないこともあったりで
お見送りに行けない組で相談して、お花の手配や連絡をしていた昨日・・・・

玉川台公園 008

・・・思えばもうずっと長いこと逢ってないままだったなあ
もっと逢う機会を作っておけばよかったよ
高校時代のアルバムを眺めて心がずんと・・重く悲しかった

玉川台公園 018

告別式に行ける組の友達に「うちらの分もお見送りよろしくね」とお願いする
「行けないけれどもここから祈っているからね」

玉川台公園 029

「私達は彼女の出来なかったこと
やりたかったことの分まで元気に生きようね」
「祈ること・・忘れないことが・・一番の供養だよね」と
友達の言葉・・・ほんとうにそうだね。

玉川台公園 023

・・まだ悲報を知らなかった18日の午後
近所の紫陽花の名所「多摩川台公園」を通りかかったとき
あまりのみごとさに激写した七色の風景・・


多摩川への路 003

お焼香のかわりに・・この紫陽花の七色を彼女に贈ろう


玉川台公園 030

明日・・天に昇ったら
雲を絵筆に空に友禅描いて楽しんでくれ

玉川台公園 033

紫陽花咲くたび思い出すよ
とよ美・・どうかやすらかに


玉川台公園 007

ブログランキングに参加していますぽちっと一票よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2 Blog Ranking


こちらもよろしくお願いいたします





拍手をしてくださるとよろこびます拍手コメントも大歓迎

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。