川猫めぐみの閑猫工房へようこそ! 本業は漫画家ですが、2004年から「猫つくり屋」を開始2011年から猫又楽団猫ウォーカルでにゃあにゃあ叫んで歌ってます。川猫の近況や、猫手つくりなお仕事をリアルタイムで紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いろいろあって・・!まあ・・たいへん(>▼<)
2008年06月13日 (金) | 編集 |
ホームページ作りも佳境に入って、漫画家時代の過去の作品リストを整理中・・・
忘れてたあの絵・・あの本・・あの原稿・・・・・こんな時代もあったのね
一生懸命な新人時代・・だんだん辛くなった頃・・今よりうんと若かった幼いわたし・・雑踏の中で、突然初恋の人に出遇ったみたいで感慨ひしひしちょうど今のこんな気持ちにぴったりの詩画集も出てきたので、お見せします・・にゃ

amenoohune009.jpg


永い冬のむこうがわへ

むかしのわたし




ーお元気ですか 昔の『わたし』

定められた月日が過ぎて・・いまの『私』は
子供にもどり 花の中で暮らしていますー

・・ここは光でいっぱいで 私があなたであった頃
探し続けていたものが 透明なかけらになってふってます・・
私はそれをつかまえて あなたに見せてあげたい★とおもうのです

amenoohune012.jpg


ー私が育てて乾かした 花達のように
昔の『私』がほしかった たくさんな光のかけらを
つかまえて瓶に詰めて 送ってあげられたら・・とおもうのですがー

ーそれらはたしかに ここにあって・・
晴れの日には 両の瞳に・・掌に 光のように降り積もり
曇りの日には かくれてみえなくなってしまう

amenoohune005.jpg


・・毎日は微妙な 影と光と★唄と・・
指の先からこぼれる かけらを 追いかけ
追いかけ・・・見失い・・・・

私は疲れて 眠ります
だけど生きてて よかったじゃない これからも ずっとずっと・・ね

amenoohune006.jpg

わたしの知らない 不思議なことや うれしいことや
すてきなことに これからも・・たくさん
たくさん出逢える★と おもう!

時の流れは 待つことと 育むことを 教えてくれた

ねぇ ごらん! わたしは こんなことが
いえるように なったんですよ

amenoohune007.jpg



耳かたむけてね 遅い春・・こんなに深く眠ってた 私の胞子★★★

。。。。1989年の「あめのおふね」という詩画集のイントロでした

この詩を書いてから後も、後から後からいろいろあって・・
とうとう10年ほど何も描けなくなってしまう歳月があったりするのでしたが・・またこうして一巡りして過ぎてきた時に感謝出来る扉が開きそうなうれしさが満ちて来ます。。。人生は曇りの日も雨の日も・・嵐の月日もあるのだけど。。。晴れの日も必ず巡ってくるんだと・・・
今苦しんでる人にも伝えられたらほんとにいいなあ・・伝えられる私になりたいなああ・・と心から思います悲しい事件があったりしたときもほんとにほんとに・・・そう思うのです

                 

ブログランキングに参加してますぽちっと一票よろしくお願い致します
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。